ここから本文です

『「Webサイトを運営する」ということを見直そう』ご参加いただきました皆様、ありがとうございました

『「Webサイトを運営する」ということを見直そう』
今回は青森地区と下北地区とのコラボスペシャル企画ということで開催したわけですが、たくさんの方に参加いただき、おかげさまで無事終了しました。
参加いただきました皆様、ありがとうございました。

今回、主催は5社。
当日は各社から2〜4名が運営スタッフとして参加しました。
朝から猛暑〜突然の雨など・・・・
そんな中、人数多いと良いですね。準備が早い!

受付の美女たちと坂尾とさん
★受付の美女と坂本さん

今回の司会は(株)Jサポートの中里さん、佐々木さんにお願いしました。
お願いしたその日から緊張していたそうですが(笑)、
ゲストの紹介の際に、自分とのエピソードを交えていたところが良かったですよね。


★緊張の表情の2人

 

長谷川恭久さんのセッション。
今回のスライドはまた新しいぞと公言されていたので、とても楽しみだったのですが、まさに期待を裏切らないスライドで・・・。スゴイ!
そしてさすがのプレゼンでした。
Twitterのつぶやきが少ないことでご理解いただけるかと思います。

★スライドのパーツが全部「Circle」!そして動きがまた・・・!

 

みなさん、スクリーンに釘付けです。

★熱心に長谷川さんのセッションに聞き入る参加者の皆さん

 

長谷川さんのセッションを聴いて感じたことですが、
私は運営側として参加していることもあり前日打ち合わせなどを行うわけですが、真面目な打ち合わせから雑談まで、長谷川さんとの会話を振り返ってみると全てこのセッションで訴えたいことにつながっていたことに驚きました。
タイトルが「ポストWebサイト時代のコンテンツ戦略」ということで、どんな内容なんだろう?とドキドキされていた人が多かったはず。

坂本さんのセッションは、とにかくわかりやすい!スライドもそうですが、話の例えがスゴく身近なものだったりするので、想像しやすいんです。


★K-POPでノリノリだった坂本さん

 

タイトルが「サステナブルな情報アーキテクチャ」ということで永続可能なWebサイトの構造についてのワークショップなども行っていただきました。参加者のみなさんが一生懸命取り組んでいる姿が印象的でした。
坂本さんは各テーブルを回って質問に答えたり、アドバイスをしてくれたり・・・!

★アドバイス中の坂本さん

 

 


★発表者のCalmtech古川さんと、古川さんのワークシート

 

丁寧なアドバイスをいただきました。ありがとうございます。

アドバイスもわかりやすく、どうしてこんなにわかりやすく話せるのかとちょっぴりジェラシーを感じるくらいでした。(笑)

ワークショップ終了後は、坂本さんの著書「IA Tinking」の紹介が。
さらに嬉しいことに、2冊プレゼントとしていただきました。参加者のお二人へプレゼントしました。

★プレゼント争奪「あいこジャンケン」

 

そしてお待ちかね!

司会者からの「みなさん震災の時はどちらにいらっしゃいますか?」という質問から始まったパネルディスカッション。長谷川さん、坂本さん、そして青森県庁の元中の人ということで、山本章さんに参加していただきました。

長谷川さんは「予知夢があったから名古屋に」
坂本さんは「普通に渋谷で仕事していましたね」
山本さんは「もうダメだと思った。県庁は間違いなく崩れると。」
といった内容から始まり、SNSがどのように利用されていたか、地元にいなかった人が地元の情報を得るための手段として何か良い手だてがないものか、等・・・。
いろいろな意見を聞くことができました。

 

「Webサイトを運営する」ということを見直す良い機会になったのではないでしょうか。

 

当日のセミナーのようすなどは
http://togetter.com/li/160202
↑こちらをご覧ください!

 

——-【関連記事】———————————————————————-
青森で今必要とされるコンテンツとWebサイトのあり方について講演しました
Sastainable IA Workshop at Aomori
●『togetter』http://togetter.com/li/160202