ここから本文です

『今、地方だからこそできる 「Webサイト運営」のコツ』セミナー終了いたしました。

こんにちは。木村です。

平成24年3月2日、むつ市役所にて開催されました『今、地方だからこそできる 「Webサイト運営」のコツ』セミナーが終了いたしました。
IT活用サポーター活動事業最後のセミナーにふさわしい豪華な講師陣と、参加者も60名を超え、運営側としては感謝の気持ちでいっぱいです。
今回は、今までの感謝の気持ちを噛みしめながらレポートを書きたいので、第1弾、第2弾と分けて皆様にご報告したいと思います!

「Webサイトについてもういちど考えてみよう」

株式会社コンシス 代表取締役社長 大浦 雅勝氏

「Webサイトについてもういちど考えてみよう」というテーマで、色々な角度からWebについてお話してくださいましたが、その中で1番印象に残ったのが「イチゴとリンゴ」のお話です。
(大浦さんのおっしゃることと多少ズレているかもしれませんが、私なりの解釈です。)

この「イチゴとリンゴ」が何のお話かというと、青森といえばやはり「リンゴ」。
青森リンゴを使った何かを作ろう!やろう!となりがちですよね?
が、しかし、果物市場を見てみると1番人気は「イチゴ」なのです。「リンゴ」は5位くらいでしたでしょうか。
だからと言って「イチゴ」需要がこんなにあるのだから、「リンゴ」やめようぜ!
という意味ではなく、イチゴ人気に乗って、イチゴを絡めたリンゴ製品を作ればいいのでは?というお話です。

ネットショップであれば、商品名に「リンゴ」のみなら検索時に「イチゴ」需要者にはヒットしませんが、「イチゴ リンゴ」と入っていたらイチゴを求めている方が運よくリンゴにも気づいてくださいます。
要は、窓口を1つ(リンゴ)ではなく、増やす(イチゴ、リンゴ)ということです。
今では、FacebookTwitterを含む様々なSNSが広まっています。イチゴとリンゴのように、他のツールと組み合わせることで新しい反応が起こる可能性も高くなると思います。

地方は都会よりも人と人との繋がりが濃いはずです!

「地方は人のためにWebをもっとたくさん使っていいはず」と大浦さんがおっしゃるように、地方発信のWebサイトの使い方が現れたらいいな~と思いました。
そして、制作側である私も、既存のものと新しいものを組み合わせながら、エンドユーザーが求める情報をいかに上手く発信できるかを考えなければいけないと感じました。

大浦 雅勝氏

「Webサイト運営のコツ」

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO 赤間 公太郎氏

「趣味は飲酒です。」
と自己紹介から会場をご自分の雰囲気にされていた赤間さん。「Webサイト運営のコツ」について事例を元にお話してくださいました。
事例で紹介されたのは、赤間さんの住んでいらっしゃる仙台市から167kmも離れたところにある、福島県白河市の雑貨屋さんです。
167kmを青森県で考えると、陸路でむつ市から龍飛岬まで行けてしまう距離です!と、遠いですよね。
その距離的問題を赤間さんは様々なツールを組み合わせることで、克服されていました。
例えば、「Dropbox」「Skype」「Googleリモート デスクトップ」などです。
この時にお客様にはツール機能の難しい説明は一切しないのがミソらしいです。確かに難しい説明をされてしまうと、簡単に使えるものでも毛嫌いされてしまうでしょう。

Webサイト構築のお話では、「課題ログ」の作成が個人的に納得しました。
「課題ログ」は優先度や修正内容などを記入していくことで、やり残し、やり忘れの防止になります。
私はいつもスケジュール管理ができず、締切を守れなかったりしているので、初めは面倒でもやることで改善されるならやってみようかと思いました。

役割分担と効率のお話では、制作側の役割はWebサイト制作やソフトの使い方などの技術面、運用側では更新や商品の写真撮影など日々の運用を楽しくやってもらうことが大切だとおっしゃっていました。運用側のこういった作業の途中で、先程のツール達が大いに役立つそうです。
新着情報やブログのタイトルの付け方なども指導されているのですが、そこでもSEOという言葉は使わずに、「タイトルだけでこの商品がなんなのか、わかるように書いてくださいね。」と教えていらっしゃるそうです。

とってもお客様の気持ちを理解しているな~と思う瞬間でした。

取り上げられた雑貨屋さんはご自身でバナーを作成したり、アメブロを始めたり、ラッキーなことに埋もれていたキーワードがとても貴重で需要があるものだったりと、制作側と運用側がお互いの強みを持って取り組んだ結果、いい方向に向いた理想的な事例でした。

「いいな~」と羨ましがる前に、私たちにも絶対にできることが1つや2つ、いや3つはあるはずです。
赤間さんのセッションを聞いて、167kmの距離を埋められるなら、都会であろうが地方であろうが関係ないのは一目瞭然でした。

「地方は人との繋がりでうまくいく」というお言葉、とても励みになりました。
学びと共に、希望も見えた時間でした。

赤間 公太郎氏

次回の第2弾は「Webサイト設計のコツ」と「Webサイト育成のコツ」について報告いたします!
お楽しみに!