ここから本文です

4/28開催「CSS Nite in AOMORI, Vol.6 with Microsoft」参加レポート

こんにちは。亀田です。
雪が溶け、桜も咲き、青森もだいぶ暖かくなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?私は、4/28(土)に開催された「CSS Nite in AOMORI, Vol.6 with Microsoft」に参加して参りました。

セッション1「ビジネス視点で考えるHTML5」
株式会社サイバーガーデン 代表取締役 益子 貴寛 氏

桜を連想させるピンク色のシャツで登場した益子さん。現在、HTML5はどんなところで使用されているのか、とてもわかりやすく説明いただきました。HTML5は、Webだけにとどまらず、家電やゲーム・スマートフォンのアプリなどでも使用されているそうです。Webに関して言えば「使用しない理由はない!」という段階まできているそうなので、どんどん使っていきましょうということでした。

益子氏

流行のシャーベットカラーのシャツで登壇された益子氏

[撮影:スタジオ2グラム・西川幸治 氏]

セッション2「CSSで変わるWeb制作」
株式会社スイッチ 鷹野 雅弘 氏

鷹野さんのセッションでは、CSS3について勉強させていただきました。CSS3ではグラデーションをつけたり、テキストや対象ボックスにシャドウをいれたりすることが簡単にできるようになったので、ボタンなどの画像をIllustrator等で作成する手間がなくなり、とても便利だなと思いました。しかし、CSS3非推奨のブラウザもあるので、今までどおりのブラウザチェックは必須です。

次は、レスポンシブデザインとは何か、説明いただきました。スマートフォンやiPadなどのタブレット端末が普及し、ユーザーがWebを利用する環境が多種多様になってきました。レスポンシブデザインとは、そんな「様々なデバイスに対応したデザイン」のことだそうです。セッション1の益子さんのセッションで、家電やゲームなどでHTML5が使用されていることから、今後レスポンシブデザインが標準化されるときが訪れそうです。

鷹野氏

いつも仕事ですぐに活用できる情報を教えてくださる鷹野氏

[撮影:スタジオ2グラム・西川幸治 氏]

セッション3「HTML5によるWebサイト制作の基本」
株式会社サイバーガーデン 代表取締役 益子 貴寛 氏

今までうろ覚えで「HTML5とはこんなもんだろう」と思っていた私にとって、非常に意味のあるセッションになりました。このセッションでは、実際に簡単なワークをしながらHTML5で新たに追加されたタグについて、どのように使用したらよいかを学びました。ワークでは、こんな時にはどんなタグを使用したらよいのか、実際にあるサイトを例に挙げ、他の参加者の方と相談しながら進められました。ある参加者の方は、自分とは全く違うタグの使い方をしていて「こんなタグの使い方もあるのか」と、とても参考になりました。

セッション4「すばやく小さくはじめられるHTML×CSS3×JavaScriptで青森のコンテンツをつくる」
青森大学 ソフトウェア情報学部 准教授 小久保 温 氏

このセッションは、地元スピーカーの方が講演するセッションとなりました。実は私の大学時代の恩師である小久保氏。今までは、セミナー参加者としてお会いすることが多かったのですが、久々にお話を聞けるとあって、とても楽しみにしていたセッションでした。話への引き込み方はさすが先生だなと感心いたしました。現在私は、JavaScriptを勉強中なのでJavaScriptの歴史が聞けたのが貴重な体験でした。

小久保氏

セッション開始直後、指し棒を取り出し、講義された小久保氏

[撮影:スタジオ2グラム・西川幸治 氏]

セッション5「IEのF12 開発者ツールとVisual Studio 2010でHTML5/CSS/JavaScriptをコーディングする」
日本マイクロソフト株式会社 デベロッパーエバンジェリスト 物江 修 氏

私はMacユーザーで、コーディング時のエディタはDreamWeaverを使用しているのですが、今回物江氏のお話を聞いて、Windowsでコーディングするときは「Visual Studio 2010」を使ってみたい!と思ったセッションでした。便利だなと思ったことは、CSSやJavascriptを参照するときは、参照するファイルをドラッグするだけで記述できてしまうことです。また、デバックも簡単にできてしまうことも魅力の一つだなと思いました。今まで自分が使用しているエディタは本当に使い勝手がよいものなのか、見直す良いきっかけになりました。

物江氏

お嫁さん募集中の物江氏

[撮影:スタジオ2グラム・西川幸治 氏]

セッション6「Internet Explorer 10とマイクロソフトにとってのHTML5」
日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部 春日井 良隆 氏

Web業界でお仕事をしている方はご存知だと思いますが、Internet ExplorerというWebブラウザは、他のブラウザと同じように見せるためにひと手間かかります(Microsoft関係者の皆様ごめんなさい)。しかし、それにはきちんとした理由があるそうです。Internet Explorerは、Webの知識が比較的少ないユーザーや企業で主に利用されています。新しいこと、つまり今回のテーマからピックアップすると、HTML5やCSS3への対応については、「確実性」を見極めてから導入するらしいのです。Internet Explorerが他のブラウザと異なるところがあるのは、利用するユーザーのことを考えてのことだったのですね。現在開発中の「Internet Explorer 10」や「Windows 8」では、HTML5が使われるそうです。今までのInternet Explorerのイメージが覆りそうで、リリースがとても楽しみです。

春日井氏

Microsoftの新しいOSについて語る春日井氏

[撮影:スタジオ2グラム・西川幸治 氏]

最後に

CSS Niteが他のセミナーと違うところは、他県からの参加者が多いことです。懇親会では、他県でのWeb事情をいろいろ聞くことができて、毎回とても勉強になっています。このようなセミナーを開催していただき、鷹野さんや実行委員会のみなさんにはとても感謝しております。次回もまた参加させていただきます。ありがとうございました。

チロルチョコ

CSS Nite in AOMORI限定のチロルチョコ

[撮影:スタジオ2グラム・西川幸治 氏]