ここから本文です

「今後のWebサイト制作との向き合い方」参加レポート

こんにちは。木村です。

2012年5月26日(土)、青森市文化観光交流施設ねぶたの家「ワ・ラッセ」にて開催された、あおもりIT活用サポートセンター主催「今後のWebサイト制作との向き合い方」セミナーへ参加してきました。
青森市文化観光交流施設ねぶたの家「ワ・ラッセ」

利用者にとってもWeb制作者にとっても、有益なWebサイトとはどのようなものなか?また、これからのWebサイトはどう変わっていくのか?を、”今後のWebサイト制作との向き合い方”と題して、青森ではすっかりお馴染みのCould代表の長谷川 恭久さんと、KDDIウェブコミュニケーションズ SMB事業本部 事業本部長の高畑 哲平さんにお話いただきました。

セッション1 「これから求められるWebコミュニケーションスキル~今日から始めるプロトタイプデザイン~」 長谷川 恭久 氏

Web制作者なら誰でも作ったことのあるであろう、「カンプ」「ワイヤーフレーム」について
いきなり「ここが全てのミスコミュニケーションの始まりである!」と話され、出だしから度肝を抜かれました。
例えばカンプは、固定レイアウトということもあり、Webに携わっている人なら動きを想像できますが、そうでない人にはそこから何ができるのか想像もできませんし、変な期待へと繋がってしまいます。また、ワイヤーフレームは、いわゆる「ただの箱」なので、動きやデザイン性について理解されないことが多く、それだけでは上手くコミュニケーションが取れないとお話されていました。

昔はPCの操作というとクリックが主でしたが、タブレットをはじめとしたデバイスの多様化により今では動きも様々です。
こういった時代背景から、あたかも完成系の様な静的なカンプを見せてしまったことにより、間違った期待をさせ「何か違う」というコミュニケーションギャップが生まれてしまうそうです。

静的なカンプは見た目はわかるが、読み解くには膨大な知識や経験が必要→見る人によって解釈が違いが生まれる

これからは、見た目より「触った感覚」や「使い勝手」を早い段階で伝えることが大切になってくる、ということで登場したのが「プロトタイプ」とのこと。

プロトタイプとは「リハーサル」という意味のようなのですが、個人的には「見本」かな?と思っています。
いきなり作るのはリスクが高い。よいモノを作るにはある程度の投資も必要!ということで、プロトタイプを用い実際に「このボタンを押したらここへリンクします。」などの動作を、作り込む前に見せることで、初期段階のミスコミュニケーションが軽減され、その後リリースに至るまでの時間も短縮されるとのこと。

長谷川さんおすすめのプロトタイプ作成ツール
●Balsamiq
http://www.balsamiq.com/
●Foundation
http://foundation.zurb.com/
●proto.io
http://proto.io/
●Prototypes
http://prototypesapp.com/

長谷川さんが考えるプロトタイプの5つの条件は「早く」「安く」「動作する」「テスト可能」「測定可能」なこと!
そしてプロトタイプのメリットは、絵だけでなくプロトタイプ(動くもの)を見せることで、クライアントもアイディアを出してくれる様になり、プラス、クライアントもデザインだけでなく、「サイトのゴール」を見てくれるようになる点だそうです。

プロトタイプはまだ使ったことがありませんが、今の時代を考えるとこれからどんどん必要になってきそうな感じがします。まだまだカンプやワイヤーフレームもまともに作れない私にとっては、また一つ大きな課題が増え、頑張らねば!という意識を持つことができました。

長谷川 恭久 氏 セッションの様子

セッション2 「Webマーケティング思考トレーニング~売れるサイトを作るために必要な思考法とは?~」 高畑 哲平 氏

前半はマーケティングの基礎についてのお話しでした。マーケティングにあたり事業全体の問題が何か正確に把握するため、フレームワークを使い整理するそうですが、ここで注意したいのが、フレームワークは整理するためのツールであり、こだわり過ぎると囚われてしまうということだそうです。

この時高畑さんが株式会社サイバーガーデン代表取締役 益子 貴寛さんがおっしゃっていたという名言を教えてくださいました。それは「分かるとは、分けること。」
確かに、自分自身で考えてみても、物事について理解している時は、順序立てて相手に伝わりやすいよう気を遣いながら話せますが、そうでない時は話している側から、自分で何を言っているのかわからなくなったりします。
「分かるとは、分けること。」口にすればするほど、奥が深いな~と感じてきます。

後半のワークショップのお題は『東京から観光客を誘致する』でした。東京から3時間、旅費は2人で7万円。東京から3時間と7万円をかけて来たいと思わせる青森の魅力とはなにか?
青森は自然が豊富ですが、近隣の県だって負けてはいない…と考えると3時間の距離という条件ではライバルが沢山いますよね。
グループは9組あったのですが、皆それぞれ「温泉ツアー」「ド田舎ツアー」「パワースポットツアー」「あおもりを養子にとってください」「オール青森を体験できるテーマパーク『アップルシティ』をつくろう」「アートを巡るツアー」「山菜をウリにしたツアー」など面白いアイディアが盛り沢山でした。因みに私たちのグループでは「オタクに優しい青森」というタイトルで、ターゲットをコスプレイヤーに絞り、青森で撮影会などを企画し呼んでしまおう!という案でした。

全て出揃った後、高畑さんが「「Webで何かを」という案が1つもでませんでしたね。」とひとこと。
確かに。振り返ると私も頭から飛んでいました…これが一般的な人の考えだそうですが…Webに携わる者でありながら、本当に恥ずかしくなりました。

この一般的な思考をWebマーケティング思考にする鍛え方として有効なのが「日常生活を経験する」ということでした。例えばコンビニに行って、自分が手にとった飲み物を「何でコレを取ったのか?他のではダメだったのか?では他は何がダメで、コレは何が良かったのか?」などを考えてみるとよいそうです。何気ない日常の中に、マーケティングのコツやヒントは隠されているのですね。

「日常生活を経験する」。ゲームみたいで少し面白いかもしれませんね!

高畑 哲平 氏 セッションの様子

弊社内でも毎日のように口うるさく「色々なことに興味や疑問を持つこと」や、コミュニケーションの部分では「相手(お客様)の立場にたって考える・伝える・言葉を選ぶこと」などと言われています。長谷川さん、高畑さんのお話を聞きながら、普段言われていることと重なる内容が度々出てきましたので、改めて考える機会にもなりました。

最後に、青森までお越しくださった講師の皆様、関係者の皆様、今年もこういった時間を作ってくださりありがとうございました。まだまだ日々の業務に追われる毎日ですが、学んだことを少しでも活かすことが一番の御礼になることだと思いますので、日常や業務の中に取り込んでいきたいと思います。