ここから本文です

JMTC青森教室さんで、職業人講話をしてきました!

JMTC青森教室さんで、職業人講話をしてきました。
今回は「ITビジネスの基礎科」ということで、『プレゼンテーションの秘訣』を話して欲しいとのご依頼でした。
実は、てっきり「Web制作コース」の方々にWebのお仕事はどんななの?という話をしにいくもんだと思い込んでいたので(笑)、急遽その場で内容を変更してのお話になりました。
ちまたでよく言われている「プレゼン」で大切な3Pは、
●Program(内容)
●Personality(人柄)
●Presentation skill(伝え方)
なわけですが、手っ取り早くこれを実践できるのが「自己紹介」なんですよね。
ということで、参加者の方全員に自己紹介をしていただきました。

自分の良いところを5つ言えるか。
自分の悪いところを5つ言えるか。
自分の人柄を、どう伝えるか。

みなさん午前中に面接の練習をしていたとのことで、ほとんどの方々がとても上手に自己紹介をされていました。
私からはプレゼン資料作成の際の注意事項(ムダな動きを入れすぎないことなど)や、話す時のポイント(聞いている人を見る)などをお話させていただきました。
雰囲気もとても良いクラスで、きっと一生付き合いが続く仲間になったこと間違いありません。
何の話をしても最終的には「人」との付き合いが大切だという話に落ち着くのですが、そのあたりもみなさん、熱心に聞いてくださっていたようです。
質疑応答でもいろいろな質問が出ました。女性はやはり、女性としての働き方に興味があるんだなと(笑)。主婦しながら働くのは大変ですもんね!
出会ったみなさんと、またどこかでお会いできますように!

参加者の方からの感想です。
JMTC青森教室の佐藤さん、この度はお声掛けありがとうございました!

  • とても講師の方がおもしろくて、いい経験をさせてもらいました。これからも仕事を探す上でも面接の受けこたえができるように努力します。
  • Webデザイナーという、難しそうなお仕事で、どういったお仕事かすごく興味がありました。講座で学んだ、Power point に似たスライドでどういうふうにプレゼンしているか、説明して頂きました。
    設計から、ホームページの構成など身近にある見たことのある、デザインなど作られていたので、何枚も作ってきたホームページをみる中で、親しみを感じました。
    面接では、職種にあった自分の性格を見られていたり、見た目、靴、スーツ、バック等見ているとのことで、面接に行く際は、気を付けてはいますが、行く前に最終チェックを忘れずにしようと思います。
    履歴書も現在の方を重視しているということで、ためになりました。
    訓練校で初めてパソコンにふれ、事業主としてWebデザイナーとして働くまでに、実績、実力もあったと思いますが、色々な人と関わり、人脈を大事にして、蝦名さんの人柄、明るくて、ユーモアもあり、一緒に働いている方が楽しく仕事できる環境があるのを感じました。
    会社というのは、支え合いながら、成り立っていくものだと思うので、自分も楽しみながら再就職できればいいと思います。
  • 絵の位置による演出とか、大した動きをさせない等の技法とか、聞いていると前の仕事の事が頭を過り、なんだか懐かしくなって楽しくなってきました。こういった内容の話は耳に入って来るだけで絵描き魂が燃えてきます。評価テストが終わったら、ちょっと本格デザインを描いてみようと思います。
    今回の講話で、この先の活動に於ける「勝利のカギ」を、漠然かつ朧気に掴みました。
    具体的な方法の説明はまだ出来ませんが、多分間違いないでしょう!
    ディーシーティーデザインのみなさん、JMTCの講師のみなさん ありがとうございます。
  • 今回はプレゼンテーションに対しての講話ということで、相手に伝わりやすい作り方や、面接対策等を学びました。
    他にもいろいろお話がありましたが、一番大事だと感じたことは、人と人のつながりを大事にするということです。やはり、隠れた求人による就職が大きい事を再確認し、あらためて自分の就職の難しさを感じましたが、成功するためには努力するしかないと思い、今後の就職活動に役立てていきたいと思います。
  • 全員の自己紹介から始まる講話開始、県内外また会場・参加者の大小を問わず、各種講師として元気いっぱいに活躍されていることが、受講者また、その場の雰囲気を一瞬にして和やかなものにされていることに対し感じとられました。
    Webデザイナーとして起業、そこには対人関係の大切さを、ご自身の努力は控えめに、ユーモアを交えての講話を聴講いたしました。
    今後の成長企業はIT企業であること、少子高齢化に対応し、尚且つ若者を地元に定着させ得る要素も持ち合わせていることなどを、ご自身の言葉で分かりやすく説明頂きました。
    笑顔、積極性、職業人としてのスケジュール管理、今日できる事は今日のうち、労を惜しまず、まずできる事からこつこつと、コミュニケーションの場は情報を得る場所、積極的に参加すべし等々、今後の就職活動には必須であることを、改めて思いだし実感し再確認いたしました。
    とても楽しい講話を聴講させて頂きました、今後にきっと繋がると思います。
  • 今日は職業人講話があり、蝦名晶子さんが来てくれました。時折ユーモアをまじえながら様々な質問に答えてくれ、楽しくも貴重な時間が過ごせたと感謝しています。
    オープニングの自己紹介は予想外でしたが、改めてクラスのみんなの特性をみることが出来たと思います。
    蝦名さんのお話を聞いていると、とにかくアクティブに動いていて、パワフルだということです。私には無いものなので,うらやましく、感心してしまいました。ITとは自分に遠いもだと思っていましたが、スケジュール管理や、電話の対応の仕方、人と人との繋がりなど、基本的に必要なものが、本当に大切のだと思いました。それはどのような職業であれ、生活していく中で疎かにしてはいけない事だとも思いました。せっかくの時間を無駄にすることなく、忘れずに過ごしていきたいです。
  • ディーシーティーデザインの蝦名さんと竹花さんがおいでになりお話をされました。
    日々変わりゆく情報の進歩する中で日々努力しなければ明日はない。人と人のつながりが仕事をしていく中で、最も重要なことであり人に信用されること気に留めてもらうことはとても大事なことだと痛感しました。
    時間を守る、約束を守る、前向きな自分の意見が言える、挨拶ができる、チャンスはどこにあるかわからないからこそ人との出会いを大事にしていきたい。
    当たり前のようですが、これが一番大切なことだと改めて痛感しました
    ありがとうございました
  • 今日は、ディーシーティーデザインの蝦名さんと竹花さんが来てくださいました。
    会社名もご本人にも、お会いした事も聞いた事もなかったので、どんな方がどのようなお話をされるのだろう?と思っていました。
    先ず、一番印象にあるのは蝦名さんの笑い方と声です。
    前向きで、人と人との繋がりを大事にして得た今の仕事、仕事のセンス、時代のニーズを読む力、人間力、充実している方の素から出た笑だな・・・と思いました。
    そして、とてもうらやましく思いました。
    人との巡り合いも、自分の力や人間力もあるでしょう。
    蝦名さんは、40歳を過ぎても生き生きしていて、これからの目標や方向を持っているように思えました。
    私は昔からサプライズというか、意外性というのを好んでいるような気がします。
    だから、すごーい!と、びっくりされてほめられるために、とても頑張れました。
    普通のことを普通にやっても、誰もすごーい!とはいってくれないので、同じ企画でも手間暇かけて素敵にやろうと努力します。
    あとで、あーすればよかった、こーすればよかったと後悔したくないからです。
    でも、いつも目先のことだけを見てきた気がします。
    10年後どうなっていたいとか想像がつかず、現実的に考える事が出来ないので、目標も持てず、いつも自分で何がしたいのか?とかどうしたいか?がわからないまま、ただ歳をとっただけなのではないか、と思います。
    いつも、自分の何かを見つけたい!欲しい!と思いながら、いつもその時の現実に流されながら、一生懸命に探さなかった結果が、今の自分なのだと思います。いつの時も、あきらめるのも自分、やるのも自分です。と思っているので、もがきながらでもなんとか進みたいのでJMTCにきたのですが・・・
    私は昔から他人に対してひがんだり、羨ましいとあまり思ったりしませんでした。
    が、最近ひがみはしませんが、うらやましいなぁ・・・とよく思います。
    羨ましいと思うなら、自分も近づけるように頑張ればよい、羨ましがる前に自分はそれだけ頑張ったのか?と自問自答してきました。最近はあきらめてばかりなので、羨ましいのだと思います。
  • どんな人が来るのか楽しみにしておりました。最初は緊張して何を話したらいいのか分からずにいろいろ考えていました。
    ●名前
    ●前職
    ●今の目標
    ●自分の良い所
    ●自分の悪い所
    ●今日の意気込み
    という課題で 発表することになりました。
    最初は、みんな緊張している様子でしたが、蝦名さんの豪快な笑いで、場が和み、大変、発表しやすい環境にして頂きありがたかったです。
    やっぱり、蝦名さんみたいな上司がいると、この会社は発展するなーと、つくづく思いました。
    部下の人をいじったり漫才してるような感じで、いい雰囲気をつくりだして緊張しないようにしてくれている感じでした。
    前に知人に言われたのですが、人と人との繋がりを大切にということと、挨拶の大切さを話されていて、今まで仕事をしてみて、そのとおりで、実感できます。
    これからも、人との繋がりや挨拶を大切にしていきたいと思います。
    面接時に、最も大切に考えていることは、自分の良い所と悪い所とおっしゃっていらしたので、勉強になりました。企業によっては、参考するところは違うと思いますが、蝦名さんは人を見ている感じが、感じ取れました。多分、もっともっと会社は、成功するような感じがします。蝦名さんの人柄が出ていて、俺もそんな上司がいてくれたらいいなーと思いました。
  • 自己紹介も一種のプレゼンであり初対面の人に自分の人となりをどう伝えるかが難しい。
    立って話す前までは頭に浮かんでいるが、いざ立つと全然言葉が出てこない。
    自分の良い所・悪い所がどちらも最低2つ自然に出てくるようになればいいみたいである。
    人前で話すということはとても難しいことで、講師の方はやはり話す速さや内容がしっかりしていてとてもわかりやすく、必要な文字だけ表示し後の内容はしゃべることによって来てくれたお客様に損をさせないという理由を聞いて納得した。
    説明会などで資料に書いてあるのをただ話しても来た意味がない。
    仕事も大事だが出会った人との繋がりはもっと大事なように感じた。繋がりを大事にしているからこそ、そこから縁が増えていき大きな輪になり集合体なようなものができあがる。
    後は運も必要ではないかと思った。
  • 本日は、ディーシーティーデザインの蝦名さん、竹花さんに来て頂いて、プレゼンテーションについてなどを学びました。
    まず初めに、自己紹介を一人ひとり行いました。
    ≪自己紹介の内容≫
    1.名前
    2.前職
    3.今現在の目標
    4.自分の良いところ
    5.自分の悪いところ
    6.今日の意気込み
    この中で大事なのは、自分の良いところと悪いところをすらすら言えるようになることだそうです。
    自分自身を知るということは、これからの就職活動を行う上でも、とても重要になってくるので、もう一度、すらすらと話せるようにまとめておきたいと思います。
    そして、人とのつながりを大事にすること。
    人との縁はとても大事で、私も今までほとんど知人の紹介で勤めることができました。
    感謝の気持ちを忘れず、これからも人との縁を大切にしていきたいです。
    前職のこともあり自信をなくしていましたが、蝦名さん、竹花さんのお話を聞いて、もっと自分を売り込んで、就職に繋げたいという意欲が湧いてきました。
    とても貴重なお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。
  • 若いお二人だったので私には縁があるような無いような感じでした。
    蝦名さんの人間力に尽きるお話でしたので、同年代として蝦名さんを見習い今まで出会った人、これから出会う人、また出会いの場というのも大事にしていきたいと思います。
    Webデザインというのも私には未知の世界だったのですが、そこでの成功した人、また、JMTCの卒業生の竹花さんも加わりお二人とも確実にパソコンを通してスキルアップしておられるので私もこのJMTCでのスキルを生かせていけたらいいなと思います。
    やはり、面接で聞かれる事も
    ●自分の良い所
    ●自分の悪い所
    ●前向きさ
    ●服装
    ●礼儀
    等、ここで散々たたき込まれているものなので最低限この様な事は自信を持って言える様頑張って行きたいと思います
  • ウェブデザイン業の代表の蝦名さんのプレゼンテーションについてのお話、楽しく拝聴させて頂きました。はじめにクラスの全員に自己紹介をさせるところから始まり、全員参加型の飽きさせない手法!?に、プロの技を感じ取りました。
    県内外を問わず、司会業や講演会、プレゼンテーションをされているということで、最初はウェブデザインなのに司会?と職種がかけ離れていると思いましたが、拝聴している中で、プレゼンテーションは人に伝えるということなので、そこからプレゼン力が評価され色々なお仕事の依頼が来るのだなということがわかりました。
    先日私達もパワーポイントのプレゼンを行ったので、プレゼンのポイントとしては、見てくれる人が疲れないように、と興味を持ってもらえるようになどいろいろなポイントがあることを教えて頂き、とても参考になりました。
    面接について、自分の良いところ悪いところをきちんと言えるように、やはりハキハキと話したほうが印象が良いことはもちろん、目を見て話すと基本的なことから、面接官としての目線を教えて頂けてこれからの面接対策のイメージが出来てきました。
    履歴書は経歴よりも未来のことを多く書いていたほうが良いとおっしゃっていたのが印象的でした。
    今回の講座にて○年後の私というテーマや将来の夢などいろいろ考える機会がありましたのでそれらをまとめておいて面接に臨みたいと思います。
  • 今日は第一印象のとおり、とても楽しい講話をきかせていただきました。14年前に勤務先を退社されてから、今の私たちと同じように職業訓練に通われていたと聞き、そこからどのようにして今に至っているのか、とても気になりました。
    県からの仕事も受注するほどの会社になった今でも、「一寸先は闇」「ビビり。じゃないと、やっていけない」という姿勢が印象に残りました。他に、「人を大事にする」「スケジュール管理はしっかりとする」「あいさつ、電話対応などの基本をしっかりおさえる」など、どんな業種にも通じる事が、シンプルだけどとても大事なのだと思いました。
    また、面接と履歴書の話も具体的でなるほどと思いました。
    履歴書の左は過去。右は未来 ~右側をもっと一生懸命書こう!~
    お二人のように生き生き仕事をしている自分に成れるようにがんばります。
    プレゼンのポイント
    ●提案書はなるべく、1枚でわからせる
    ●文字を入れすぎない
    ●話と合わない動きを入れすぎない
    ●見やすさ第一、意味のない動きは不要
    ●会場によって見え方が違う点に注意して合わせる
    ●整然とした中に、1つ不規則な物をいれると目を引く
    ●イラストの見切れは効果的
    ●webデザインは設計が大事

  • Webデザイン・・・講話受講前までは、聞いたことはありましたが、今回で大まかな内容をとらえることができました。専門的な仕事はわかりませんが、やはり、人とのつながり、そして自己の人間性の大切さを再確認することができました。それは私の美容師時に恩師である店長に常に言われていたことだからです。
    どんな仕事をするにも、常に人が関わってきます。また、同じ仕事をする企業、人もたくさんいます。その中から自分を選んでもらうには、技術だけではなく、人間性が大きく影響するものだと思います。もちろん、技術も大切ではありますが、「技術が未熟なうちは接客術で差をつけろ」と言われてきました。不器用で物覚えの悪い私に、店長はそのように指導してくれたのを思い出しました。8年間、出産を機に一時退職しましたが、いまだに連絡を取り、帰省した時には、顔を出しながら手伝いをするのが、今の私にできる恩師への恩返しかと思っています。
    本日の講師の蝦名さんからは、人間性の面白みを感じました。明るく元気、そして教室いっぱいに響き渡る笑い声・・・とても魅力的女性でした。「過去は振り向かず、失敗をフォローし、前をみる」そんな言葉も印象的でした。どんな質問にも、次はどう答えるのかと、わくわくしつつ、笑い要素を取り入れてくれる回答の話術は素晴らしかったです。
    そして、そんな蝦名さんの面接のポイントも、面白みがありました。細かいことにとらわれない、大らかな方ならではの内容でした。きっと、ご自身の経験をもとに採用基準を決めていらっしゃるのかと私は好印象でした。

    今回の講座・・・とても良かったので、是非、他のクラスにも行ってはどうでしょうか。

  • 蝦名さんはインパクトがすごく強い方で、一度お会いしたら忘れられない印象に強く残る方だなと感じました。
    仕事ぶりや業績はさることながら、そういったことも含めてのプレゼンテーション能力なのだと思いました。もう一度会いたい、一緒に仕事がしたいと思ってもらうためにはその他大勢の中の一人でいるのではなく、まず相手の印象に残ることが第一歩なのだと感じました。
    いかにうまくまとめられてもパッションが伝わらなければならないのだと思います。
    この点に関して、3階のクラスの方々は1人ひとりの個性がよく出ていていい刺激になりました。普段は聞けないたくさんの方の自己紹介も聞くことが出来てとても有意義でした。
    またそれだけではなく、きちんと相手の目線や心理を汲取ってわかりやすくかつ興味深い内容を盛りこむことも重要だと学びました。それはパワーポイントや資料作りのみでなく、スピーチや面接等でも大事になる技術だと思うのでしっかり身につけていきたいです。
  • 蝦名さんの話を聴いて、私は、今の時点で出来ることを一生懸命やることが、とても大事で次につながるのだということを学びました。そして、出会った人を大切にすることも、気を付けたいです。近頃の私は、つい、日常の雑務に追われて、自分から誰かに連絡をするのは、用のある時だけになってしまい、交友関係が狭くなってしまったと思い当りました。
    履歴書の質問に、「履歴書の右側をたくさん書いているのが良い」とおっしゃっていました。私は、その履歴書の右側を書くのが苦手なので、みんなのやり方を参考にして、わたしらしい、自己PRや志望動機など、たくさん書けるように準備したいです。
    今までの、販売などの経験は、大したスキルにならないような気がしていましたが、それも、いろいろな業種でも大事なスキルだと教えていただいたので、自分のキャリアとして自己PRに活かしたいです。