ここから本文です

NPO法人あおもりIT活用サポートセンター主催セミナー”「今」だからこそ基本に立ち返り 『アクセシビリティとコンテンツについて考える』 〜小規模サイトから自治体サイトまで〜”に参加いたしました(前編)

10/11(金)むつ市役所で開催されたNPO法人あおもりIT活用サポートセンター主催セミナー、「今」だからこそ基本に立ち返り 『アクセシビリティとコンテンツについて考える』 〜小規模サイトから自治体サイトまで〜 に参加してきました。

セッション1「文字もデザインしよう!クリックされやすい、読まれやすいタイトルづくり」
ディーシーティーデザイン 代表 蝦名 晶子

最初のセッションには、当社代表の蝦名が登壇し、「文字で伝えるデザイン」を意識して記事のタイトルを考えようというところから始まりました。記事のタイトルに限ったことではないのですが、日頃からどのように伝えると相手に理解してもらえるのか、文書の書き方や会話での言い回しなど、意識しながら伝えようとしているのですが、相手に理解してもらえないということが今まで多々ありました。このセッションでも取り上げられていましたが「『5W1H』を押えておくとわかりやすくて相手に伝わりやすい文章になる」と普段から蝦名に言われているので、改めて「5W1H」の重要性を認識しました。

記事のタイトルについては、「相手に伝わる文章にしよう」という意味ではコミュニケーションの1つなのかなと感じました。全ての人に伝わるわかりやすい文章や表現ができる人になりたいと思いました。

ディーシーティーデザイン 代表/NPO法人あおもりIT活用サポートセンター 副理事長 蝦名 晶子

セッション2「コンテンツ管理におけるCMS導入と、データ構造化のススメ」
KDDIウェブコミュニケーションズ クラウドホスティング事業部 エバンジェリスト 阿部 正幸さん

セッション名を聞いた時点で、とても難しい話なのかなと思っていました。例えば、お客さまにWebサイトを更新してもらうときに、「アクセシビリティ」や「HTML」を考えて更新してくださいというのはとても難しいことだと思います。Webの知識があまりない方でも皆、同じような更新ができるようにCMSを構築・設置しようということなのかなと阿部さんのお話を聞いて思いました。

私は、WordPressを設置するときに自分がつくりやすいように作業性重視で制作しがちなので、お客さまがどうすれば簡単に更新作業ができるのかという視点や妄想、愛が足りないなと改めて気付かされました。Web業界は、新しいCMS・ツール・技術がどんどん出てくるので追いついていこうと思うと大変なのですが、「相手のことを考える」ことは日常生活の中でもできることなので、もっと広い視野をもち、もっと妄想力を上げていきたいと思います。

KDDIウェブコミュニケーションズ 阿部 正幸さん

参加レポート後編は、後日掲載いたします。