ここから本文です

NPO法人あおもりIT活用サポートセンター主催セミナー「コンテンツから学ぶ 電子書籍の制作方法」に参加してきました!

11/19(火)フェスティバルシティ アウガで開催されたNPO法人あおもりIT活用サポートセンター主催セミナー、「コンテンツから学ぶ 電子書籍の制作方法」に参加してきました。Wordを使って、簡単に電子書籍を制作できるワークショップをするということでとても楽しみにしていました。

セッション1「『電子書籍を出版する』ということは?」

株式会社ベビログ 代表取締役 板羽 宣人さん

最初のセッションでは、電子書籍を出版するにあたって販売金額設定から著作権問題まで、しなければならないこと・知っておかなければならないことなど分かりやすく教えていただき、一言で電子書籍を出版すると言っても事前に準備しなければならないものがたくさんあることを知ることができました。電子書籍を自主出版する際、通常の書籍を出版するときとは違い、編集者による添削作業が入らないことから、文章表現には十分注意しなければなりません。通常の書籍出版より比較的簡単に世に出すことができる反面、リスクがあることを学びました。

株式会社ベビログ 代表取締役 板羽 宣人さん

セッション2「日本各地の電子書籍実例紹介」

大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会 川合 和史さん(大阪)
株式会社フライパンズ 足立 靖さん(沖縄)
NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター 理事 古川 勝也さん(青森)

セッション2では、大阪・沖縄・青森での電子書籍実例を紹介いただきました。アイディアさえあれば地域など関係なく、制作できることが電子書籍の魅力だと思います。「電子書籍=文字を読ませる物」という先入観がありましたが、技術本や写真集、料理のレシピ本など、実際の書籍と同じようなジャンルで制作できることを知り、実際に本を手にとって読むことが少ない方にも受け入れられやすいのかなと感じました。

大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会 川合 和史さん 株式会社フライパンズ 足立 靖さん NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター 理事 古川 勝也さん

「食に関する思い出」をテーマとした電子書籍制作ワークショップ

ロボット・ファン.net 主幹 松永 弥生さん
JoyTrade,Inc(ジョイトレードインク) 代表取締役 山口 正信さん

ワークショップでは、Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングとWordを使用して電子書籍を実際に制作し、プレビューするところまでの流れを行いました。

私は、このワークショップをとても楽しみにしていました。しかし、電子書籍制作をするには原稿を用意しなければいけないということを不安に思っていたのも事実です。他の参加者とテーマについて話をしていくうちに、書きたい内容が自分でも整理ができ、スラスラ原稿を書くことができました。実際に誰かと話をして、相手がどこに興味をもったのか、どんなところに疑問をもったのかなどフィードバックしていただき、文章に肉付けしていきました。文章をつくることが得意ではない私でも、1000文字の原稿を30分で制作することができ、自分でも驚いてしまいました。

実際の制作作業はというと、Wordを使いこなせていない私にとって難しいステップもありましたが、普段の業務でWordを触っている方はスムーズに制作できると思います。このワークショップを通して、電子書籍制作のハードルが下がったように感じました。

「食に関する思い出」をテーマとした電子書籍制作ワークショップ

セッション3「よりよいコンテンツを制作するには」

ロボット・ファン.net 主幹 松永 弥生さん
JoyTrade,Inc(ジョイトレードインク) 代表取締役 山口 正信さん

電子書籍のコンテンツ制作する上で一番重要なのは、「読み手に利益のある内容」を書かなければいけないということでした。文章を書く際に「自分の言葉で、自分の考えを書き残すこと」が一番大切なことだと思って今まで生きてきました。気持ちよく読んでもらうために、また、どんな情報なら読んでもらえるのかというところを意識しながら、文章をつくっていかなければならないと思いました。セミナーレポートやセミナー参加アンケートなど、身近なところから実践していきたいと思います。

ロボット・ファン.net 主幹 松永 弥生さん JoyTrade,Inc(ジョイトレードインク) 代表取締役 山口 正信さん

最後に

終日にわたって開催されたセミナーへの参加は初めてでしたが、その分いろいろ学び、吸収することができました。講師の皆さま、主催のNPO法人あおもりIT活用サポートセンターの皆さま、ありがとうございました。

講師の方々