ここから本文です

2/14「仕事が楽しくなる思考力を身につける」セミナー参加レポート

花粉の季節が近づいてきて、いまから憂鬱な竹花です。

2/14(土)ワ・ラッセで行われた、NPO法人 あおもりIT活用サポートセンター主催の「仕事が楽しくなる思考力を身につける」セミナーに参加しました。

今回のセミナーは青森県内のIT技術者の「処遇改善」を目的としていて、その1回目として“思考力”を身につけようという内容でした。

「気づくチカラ」で仕事の幅をひろげる
かんたんマーケティング入門

インターネットストラテジー 代表 角掛 健志さん

角掛 健志さん

(私の中で)納得のいくわかりやすい説明で有名な、角掛さんからはマーケティングについてのお話がありました。
マーケティングと聞くと、専門スタッフが何日もかけて資料をまとめて…というイメージが強いのですが、今回は「マーケティング入門」ということで、意識次第で誰にでもできることを伝えていただきました。

マーケティングの基本
●ターゲット(誰に)
●ニーズ(何を)
●ウォンツ(どうする)

この基本に当てはめたうえで、状況に応じて掘り下げていく。
ゲーム的な感覚でもできますし、想像力がかきたてられて「頭使ってる!」という印象でした。
よりよいシゴトをするにも、よりよい日常を過ごすにも、ちょっとしたマーケティング脳が大切なのだなと感じました。

制作現場で困らないために知っておきたい
企画・提案書のオモテとウラ

有限会社ヘルツ 代表取締役 山崎 正宏さん

山崎 正宏さん

かねてから講演を聞いてみたいなーと思っていた念願の!山崎さんのセッションでは、企画・提案書についてのお話がありました。

「企画書」と「提案書」、それぞれ用途は違うのですが、クライアントに採用されるためのアピールを散りばめた「提案書」が、いつの間にか「企画書」に差し変わっている!なんてことは、制作現場ではよくあることかと思います。

そういったとき、山崎さんは“必要なことを先回りして用意”をすることで、「提案書」で詰め切れていない部分を補い、クライアントとの信頼関係を築いているそうです。
まさに、「お・も・て・な・し」ですね!

シゴトの全体像を把握するためにとても参考になる内容でした。

提案力を上げるための
色の使いどころと基本マナー

フォルトゥナ 代表 坂本 邦夫さん

坂本 邦夫さん

全国各地で嵐を巻き起こす坂本さんは、今回も青森に吹雪をつれてきてくださいました!
そんな冬将軍の坂本さんからは、「提案力を上げるための色のつかいどころと基本マナー」ということでお話がありました。

主に文章の色についてのお話でして、
●まず読めること
●大事なのは伝えたい内容で、それを色で邪魔しない
●気分で意味のない色を使わない
など、一見当然に見えて実はやってしまいがちなことを再確認できました。

また、紙媒体でもWebでも、見出しと本文の関係性は重要で、意識することで自分自身でもどこを読んでもらいたいのかを確認できるので、その部分も気にかけていきたいと思います。

イメージをきちんと伝える
コピーライティング術

株式会社サイバーガーデン 代表取締役 益子 貴寛さん

益子 貴寛さん

益子さんのコピーライティングについてのお話は、以前セミナーの際にお聞きしていて、とてもタメになる内容でしたので今回も楽しみにしていました。

大手企業のコピーライティングの事例から、業界ごとの特性や、コピーの3つの方向性(やる気系コピー、ダジャレ系コピー、オシャレ系コピー)を見ていきました。
誰に向けたコピーなのか、直接的な表現なのか間接的な表現なのかなど、それぞれ特徴があり勉強になりました。

私は言葉の引き出しが少ないと感じているので、いろいろな表現手法を取り入れられるよう日頃から意識していこうと思います。

さいごに

普段、Web業界の第一線で活躍されている講師の方々の思考の一部を見せていただき、とても参考になるセミナーでした。
●日常から意識すること
●相手のことを考えること
ロジカルに考え行動し、シンプルに伝えられること。どんなシゴトをするにも、それが重要だなと感じました。